「リバースエンジニア」とは|テクスタ辞書


「リバースエンジニア」とは、ITなどで用いられる手法の1つです。完成されているソフトウェアなどを分解して、その構成や仕組みなどを明らかにする行為を意味します。「リバースエンジニアリング」と言われる場合もあります。

リバースエンジニアの特徴

リバースエンジニアを行う目的は、対象のソフトウェアやシステム、プログラムなどの仕組みや要素、技術などを明らかにすることです。特に多いのが、企業が競合他社の商品の性能や仕組みを調査する為に行うケースです。実際に、既に開発されている他社のパソコンをリバースエンジニアによって解析し、互換製品を開発したメーカーも存在します。

また、企業がリバースエンジニアをして、自社製品を分析する場合もあります。それによって、完成した製品と本来の設計との違いを発見したり、バグを見つけ出したりすることが可能です。リバースエンジニアは、単なる分析だけでなく、システムやセキュリティの進歩に欠かせない手法でもあるのです。

リバースエンジニアと著作権

リバースエンジニアを行うにあたって、特に気を付けなければならないのが、特許や著作権です。自社製品を分析する為のリバースエンジニアであれば、問題はありません。しかし、他社の商品を解析する場合、特許や著作権の侵害に繋がることもあるのです。

既に製品化されているものは、そのほとんどが特許や著作権を取得していたり、それに含まれていたりします。その為、リバースエンジニアによって得られたデータを利用して互換商品を開発する場合、知的所有権を侵害してしまうことがあるのです。
リバースエンジニアを行うには、プログラムやソフトウェアに関する知識だけでなく、著作権や特許に関する知識も身に着けておく必要があります。