「SaaS」とは|テクスタ辞書


SaaS(Software as a Service)は、企業が業務を行う上で、必要な機能、サービスだけを利用することが可能なソフトウェア、提供形態のことです。
企業はこのサービスをインターネット経由で利用し、必要なサービスのみを利用することで、自社でシステムを開発、運用する負担を低減するなどのメリットがあります。

・SaaSの利点
今まで、システムは企業内部でコンピュータサーバを保持し、システムを構築、保持していましたが、システム導入の度にサーバを購入したりするなど物理的な設置場所の問題、新たにシステムを構築することでのシステム保守・運用にかかるコストが増大するなどのデメリットがありました。

また、会社間には似たような業務(例えば経理や人事、資材調達など)があるため、インターネットでサービスを提供し、利用した分のみ支払う形態に変更する事で、自社でシステムを保持するよりも、コストを減らせるメリットがあります。サーバを保持する必要がないですし、自社でシステムを保守する必要性もありません。

・SaaSの欠点
SaaSは、企業の似たような業務を汎用化してサービスとして提供しているため、自社の業務都合によるシステムのカスタマイズがし難い点があります。そのためSaaSを利用する際は、提供しているサービスを自社の業務と照らし合わせてどれほど足りているか、フィット&ギャップ分析を行い、サービス開始後のミスマッチを防ぐ事や、SaaSに合わせた業務の変更などを行う事になります。