「Scala」とは|テクスタ辞書


scalaとは

Scala(読み: スカラ)とは、Java仮想マシン(JVM)上で動作する、
マルチパラダイムの言語です。

特徴

Scalaの語源は英語の「Scalable language」の略で、Scalableと言うように拡張性に優れた言語です。2003年にスイス•ローザンヌ工科大学
教授のMartin Odersky氏によって設計されました。
既存のjavaプログラムと簡単に連携ができ、スクリプト言語のように
簡潔に記述出来るように設計されています。

マルチパラダイム言語

Scalaの一番の特徴はオブジェクト指向言語と関数型言語、両方の特徴を持つマルチパラダイムのプログラミング言語ということです。
コンパイル時にJavaクラスに変換されJVM上で動作します。
静的型付け•型推論を行うのでバグが生じにくいという特徴があり、
静的型付けを行うためにコンパイル時のエラーの検出を得意としています。簡易なプログラムだけではなく、大規模な開発システムにも適用ができるので企業での採用事例も増加してきています。

Javaとの比較/メリット

Scalaのメリットの一つとして、javaで作成されたライブラリやクラスを簡単に利用することができ、非常に互換性が高いプログラムであるということがあげられます。また、javaと比較して半分のコード量で
プログラミングが可能なのも利点の一つです。また、実行速度もJavaと同等位とメリットが多いのですが、両方の概念と用語を学ぶ必要があるので学習コストが高く、開発に携わる人のスキルレベルが求められるというデメリットもあります。