「検索アルゴリズム」とは|テクスタ辞書


「検索アルゴリズム」とは、Googleなどの検索エンジンが、各キーワードに対する検索結果を表示する際、その順番などのランキングを決定する仕組みやシステムのことです。

検索アルゴリズムの特徴

検索アルゴリズムは、方程式のような仕組みだと言われていますが、実際にはその仕組みは公開されていません。例えば、Googleの場合は、各ページに含まれる対象キーワードの数や被リンクの数、画像の数など、200種類以上の要素からなる検索アルゴリズムで、検索結果に表示するページやサイトの順番を決定していると言われています。

解析されていない要素も多い検索アルゴリズムですが、その要素は大きく分けて2種類に分類することができます。

1つは、「クエリ依存型」です。検索エンジンのユーザーがキーワードを入力すると実行される、検索結果の表示順位を決定する要素で、検索の度にさまざまな情報が解析・算出され、その結果が表示されるようになっています。

2つ目は、「クエリ非依存型」です。検索エンジンは、ユーザーがキーワードを入力して検索を実行しなくても、過去の検索結果などから得た情報を所持しています。それをもとに、ユーザーの検索キーワードに頼らないで表示される結果を、クエリ非依存型の要素と言います。

検索アルゴリズムのアップデートについて

検索アルゴリズムは、定期的に変更やアップデートを施されています。常に新しい情報を取り入れ、それらを最適なランキングで検索結果に表示する為です。

検索アルゴリズムの中でも特に重要視されているGoogleも、頻繁にアップデートを行っています。過去に行われたアップデートの中でも、「パンダアップデート」と「ペンギンアップデート」は、特に有名です。

パンダアップデートは、コンテンツの質を重視したランキングにする為に施されたアップデートです。ページの内容が、別なサイトと似たようなものだと順位が下がり、オリジナリティに溢れているものならば上位に上がる仕組みになっています。

ペンギンアップデートは、リンクの質などを重要視した内容です。同一内容のアンカーテキストによるリンクや、自動の相互リンクツールを使用して設置したリンクが貼ってあるページは、順位が下がるようになっています。