「データサイエンティスト」とは|テクスタ辞書


「データサイエンティスト」とは、膨大なデータ(ビッグデータ)からビジネスに生かせる知見を引き出す専門家のことです。データを元に様々な予測や判断を行うために必要とされます。

データサイエンティストの特徴

企業活動から生まれるビッグデータを蓄積して素早く分析できる技術やハードウェアが充実してきたことにより、ビッグデータに対する期待は更に高まっています。そんな中注目されているのが、データの分析手法に長けているデータサイエンティストです。

顧客の声の大量データからすぐに対策を打つべきものや商品開発につながるアイデアの種を見つけたり、データの数字の変化から消費動向の変化を読み取ったりします。しかしデータサイエンティストの絶対数は少ないため、育成することが課題になっているのも事実です。

データサイエンティストを育成するメリット

データサイエンティストを育成するメリットは主に2つあります。

1つは、ビジネスで情報システムの効果を実感しやすくなることです。ビジネスに関わる人が全員ITに精通しているという訳ではありません。ITとビジネスに精通したデータサイエンティストがいれば、マーケティング部門で効果検証をしたりすることができ、ITとビジネスの橋渡しをすることができます。

もう1つは、ITで直接的に売り上げを拡大できることです。データサイエンティストの高い情報リテラシーと着眼点を持ってすれば、それは不可能ではありません。