メーカー系SIerとは|テクスタ辞書


「メーカー系SIer」とは、IT企業の形態の1つです。「SIer」(読み方:エスアイアー)とは、クライアントとなる企業のシステムに関する、企画や開発、運営や管理などを一手に引き受ける企業を指します。SIerは、3つのタイプに分類することができ、メーカー系SIerは、その中の1つにあたります。

メーカー系SIerの特徴

メーカー系SIerの最大の特徴は、PCのハードウェアなどを開発している大手企業をクライアントにしている場合が多い点です。
そもそも、SIerは大手企業のシステム関連の部署が独立や移転することで、1つの企業として設立・運営されているケースがほとんどです。その為、SIerのクライアントは、親会社であるケースが多く、メーカー系SIerも例外ではありません。

メーカー系SIerは、PCなどのハードウェアを開発している大手企業を親会社に持つ場合がほとんどです。その為、親会社で開発されているソフトウェアに対応したシステムの開発や管理が、主な業務内容となっています。それこそがメーカー系SIerの強みで、親会社や系列会社が扱う機器に関するノウハウが豊富です。

メーカー系SIerで働くメリット・デメリット

メーカー系SIerで働くメリットは、親会社を経由して入ってくる業務がほとんどの為、関連する機器のノウハウに長けている点です。その為、そのメーカーの機器に関しては、スペシャリストと言えます。

また、メリットともデメリットとも言える特徴としては、親会社の影響を受けやすい点があります。福利厚生などの待遇も親会社の影響を受けるので、それらが充実した企業が親会社であれば、同じような待遇が受けられます。反対に、親会社の労働環境などが劣悪な場合は、メーカー系SIerも同じような環境である可能性が高いのです。その為、親会社の業績や福利厚生などは、しっかり把握しておく必要があります。

メーカー系SIerで働くデメリットは、取り扱う製品の種類が少ない点です。基本的に、親会社に関連する製品を中心に扱う為、さまざまな商品のシステム開発に携わりたい場合や、幅広い分野に対応できる技術を身に付けたい人には、やや不向きです。