「SIer」とは|テクスタ辞書


SIer とは、システムインテグレーター(System Integrator)の略で、「エスアイアー」と読みます。クライアントの要望・問題に応じて、情報システムの企画、設計、開発、運用などのサービスを一括して請け負う企業もしくは業者のことをさします。

SIerの特徴 – 仕事内容

SIerは、まず顧客の企業の業務内容、要望を分析し、既存のシステムの調査をしたうえで、実現に必要なシステムの企画立案・設計・開発を行います。その上で、必要なハードウェア・ソフトウェアを選定し、既存のデータやソフトウェアなどを組み合わせて業務に導入をしていきます。完成したシステムの稼働を開始した後は、保守・管理・ユーザーのサポートまでを総合的に行います。

SIerとSEの違い

SIerとSEは両者ともに顧客の要望をヒアリングしたうえで、必要なシステムを開発し、クライアントに提供するという点で共通していますが、名称が違う通り、きちんとした区別があります。

一つ目に、大きな違いとして、SEがコンピューターシステムの開発及び管理をする「技術者」を指すのに対して、SIerは上記のサービスに従事する「業者」を指しています。つまり、SEが人を指すのに対して、SIerはサービスを主に指しています。

二つ目に、業務の範囲が異なります。SEは、クライアントの要望に応じたシステムを作るために、顧客からのヒアリング、システムの設計、実装、そして完成後には動作のテストを行い、クライアントにシステムを提供します。SIerのサービスはSEの業務に加え、必要なシステムの企画立案、及びシステム導入後の保守・管理・サポートまでを総合的に行います。