「ソフトウェアエンジニア」とは|テクスタ辞書


「ソフトウェアエンジニア」とは、顧客の要望に沿ってソフトウェアの開発を行うエンジニア、又はソフトウェアの設計に携わる上級プログラマの総称です。

「ソフトウェアエンジニア」の特徴

ソフトウェアエンジニアは、主にソフトウェアの設計やプログラミングを行います。システムの企画や要件定義などの上流工程を担うSE(システムエンジニア)に対して、ソフトウェアエンジニアはシステム設計書に基づき具体的なソフトウェアの設計やプログラミングを行う下流工程を担当します。

ただし、上流工程の技術的サポートを行い、システム開発の早い段階からもプロジェクトに参加をするのでSEとプログラマの橋渡しと見た場合は厳密な意味で下流工程といえないかもしれません。

主な作業内容

ソフトウェアエンジニアは、SEが担当したシステム設計書に沿って、プログラム設計書を作成していきます。主にプログラミングはプログラマの担当ですが、ソフトウェアエンジニアが実際のコーディングも行って行く事もあります。特に、大規模なソフトウェア開発と違い、小規模なソフトウェアの場合はプログラム設計とコーディング両方を自身で担当する場合があります。

必要なスキル

ソフトウェアエンジニアにとって必要なスキルは、ソフトウェアを設計する為にC言語やVC++、Javaなどの開発言語を習得していることです。また言語を習得しているだけでは、実際の現場で活躍するのに不十分なので、プログラマとしての実務経験を何年か持っている事は非常に重要な要素といえます。

それ以外にも、データーベースの設計やコンピューター全般の基礎知識、ネットワークに対しての知識、プロジェクトチーム内での協調性といった様々なスキルが必要になります。