「サーバーサイド」とは|テクスタ辞書


「サーバーサイド」とは、webサーバーが動いて、プログラムやデータの実行や管理を行う仕組みを指します。サーバーサイドを用いると、サーバー側のデータベースで、プログラムの開発や管理ができます。

サーバーサイドの特徴

サーバーサイドを活用すると、データやプログラムなどを扱う側にとって、開発・管理がしやすいというメリットがあります。また、クライアント側の環境や状況に左右されにくく、表示や動作が安定したプログラムにしやすいという利点もあります。

サーバーサイドに関する技術はたくさんあります。それらは「サーバーサイド技術」とも呼ばれ、「Java」や「PHP」などもそれに含まれます。サーバーサイド技術を用いて作成されたプログラムは、サーバー側で実行されて、ユーザーやクライアントのコンピューターにHTMLなどの形で表示されます。その為、環境の調整などをしなくても、JavaやPHPが実行できるというわけです。

サーバーサイドとクライアントサイドの違い

サーバーサイドとセットで用いられることが多い言葉が、「クライアントサイド」と呼ばれる仕組みです。サーバーサイドとクライアントサイドは似ているものではありますが、その性質は正反対と言えます。その為、プログラミングをする上で、この2つの違いを理解しておくことは大切です。サーバーサイドは、アプリケーションなどを提供するサーバー側で、プログラムなどを実行する仕組みのことを言います。

一方クライアントサイドは、アプリケーションやプログラムなどを実行する際、クライアントやユーザー側で行われるようになっています。サーバーサイドとは反対の性質を持っている仕組みというわけです。クライアントサイドの技術として代表的なものに、「JavaScript」などがあります。