「スーパーエンジニア」とは|テクスタ辞書


スーパーエンジニアとは、職業の1つです。通常のエンジニアは、システムやソフトウェアなど、それぞれの分野に特化した知識や技術をいかして働きます。一方、スーパーエンジニアは、あらゆる分野をカバーできる能力を備えており、営業や顧客への対応なども担当する場合があります。

スーパーエンジニアの特徴

スーパーエンジニアの特徴は、対応する分野や業務の範囲が幅広い点です。スーパーエンジニアの業務は、大きく分けて6つに分類することができます。

1つ目の業務は、商品などの開発です。

2つ目は、設計への導入です。製品や商品のコンセプトなどを把握し、それをいかす設計をすることも、スーパーエンジニアの仕事なのです。

3つ目は、チームのまとめ役です。設計や開発のチームが成果を出せるように、チームや部署のリーダーを務めることも多々あります。

4つ目は、ユーザーへの配慮です。商品がユーザーや顧客の需要に応えられているか、意識をした設計・開発をしなければなりません。

5つ目は、マーケティングの研究です。市場や他社製品などの調査も、スーパーエンジニアの業務なのです。

6つ目の仕事は、経営の把握です。単に良い製品を作るだけではなく、自社にとって現実的なコストなのか、またどの程度の利益が見込まれるのかなどを考えながら、プロジェクトを進めます。

スーパーエンジニアになるには

スーパーエンジニアになるには、「コンセプチュアル・スキル」「テクニカル・スキル」「ヒューマン・スキル」の3つのスキルを身につける必要があります。

エンジニアは、現場で業務に励む場合が多いので、業務を遂行する能力を意味する、テクニカル・スキルが高くなる傾向があります。その為、ある分野にのみ特化しがちです。それは、エンジニアとしては決して悪いことではありません。しかし、スーパーエンジニアを目指すのであれば、他の2つのスキルも身につける必要があるのです。

ヒューマン・スキルとは、いわゆるコミュニケーション能力を指します。スーパーエンジニアは、チームや部署のリーダーを務めたり、顧客とコミュニケーションを取ったりする可能性があるので、対人関係をスムーズに構築し、深めていく能力が求められるのです。

コンセプチュアル・スキルは、全体の流れを見て、物事の判断や決断を下す能力のことです。スーパーエンジニアとして働いていると、物事の全体を見て、迅速かつ正確な決断を求められるシーンが多いのです。