「システム設計」とは|テクスタ辞書


「システム設計」とは

「システム設計」とは、ソフトウェアやシステムの開発において、プログラムを作る前段階として、仕様や動作を決定する工程のことです。
システム開発は主に以下の流れで行われます。
要件定義 → 外部設計 → 内部設計 → プログラミング → テスト
一般的に、システム設計は上記のうち「外部設計」から「内部設計」の工程を指します。(システム設計に要件定義を含める考え方もあります。)

外部設計
外部設計は基本設計とも呼ばれます。要件定義の工程で決定した機能について、画面イメージや操作方法・出力する帳票のレイアウト・データベース構成などを決定します。システムの使い勝手を決める工程であり、システム設計においても特にユーザーが気にする部分となるため、システム開発者だけでなく、ユーザーにも設計書のレビューをしてもらう必要があります。

内部設計
内部設計は詳細設計とも呼ばれます。外部設計で定義した内容を実現するうえで、どういったプログラム構成で、各プログラムが具体的にどういった処理を行うかを決定します。システム内部の処理を決めるので、システム設計においてユーザーはあまり気にしない部分です。内部設計がわかっていないと外部設計を考えるのは難しいので、システム設計のステップアップとしては、内部設計から担当して、ある程度経験してから外部設計を担当することが一般的です。