「システム開発」とは|テクスタ辞書


システム開発とは、会社の業務効率化や経費の削減、顧客満足を向上させるためのサービス・仕組みをシステムで解決するために行うことを言います。

現在の社会はシステムで支えられており、鉄道、インフラ、物流、飲食、電機、病院など、業種、業態で必要なサービスの提供スピード向上のため、システムの導入が欠かせません。

・システム開発の工程
システム開発の工程は、一般的には、基本構想(計画)、要件定義、基本設計、内部設計、コーディング、テスト、納品、保守運用と工程が決まっています。このことをよく「○○フェーズ(例:要件定義フェーズ)」と言ったりしますが、各フェーズごとに数多くの関係者がシステム開発に携わることになります。
日本では、上記各フェーズを基本構想から順に実行していくウォーターフォールモデルが一般的ですが、後工程に進むにつれ仕様の変更、追加要件によるスケジュール遅延や製品の品質不備が多くなる危険性が高いことから、アジャイルモデルという小規模単位での開発を繰り返していく手法が近年増えています。

・システム開発は何のために行うのか?
システム開発の目的は、今までかかっていた時間・仕事量を減らし、サービスの質を向上させることです。鉄道のICカード化による改札の混雑の減少や、病院の受付システムの導入で受付窓口の混雑解消など、システム導入により、サービス提供者、利用者の不満・不便を解消することが重要です。