「システムデザイン」とは|テクスタ辞書


システムデザイン(英語:systems design、)とは、コンピューターで使用されるシステムを構築する際、仕様や目的、動作などを決める工程のことです。システム設計とも言われ、捉え方によって業務範囲が異なります。

システムデザインの詳細 – 工程の流れ

前文の通り、システムデザインはシステム設計とも言われます。システムの目的や意味、価値や機能といった様々な要因を分析し、それぞれに適した具体的なシステムを設計すること、システムの構造を創造的にデザインすることを言います。

システムデザインの古典型であるウォーターフォールモデルの作業の流れは以下の通りとなります。

『要件定義→外部設計→内部設計→開発』

ウォーターフォールモデルでは、外部設計までが一般的には上流工程と考えらています。システムデザインで言う外部設計は基本設計とも言われ、内部設計は詳細設計とも言われます。

システムデザインの範囲

システムデザインの範囲は、狭義ではソフトウェアの仕様決定、記述部分の決定、コード設計、入出力設計、ファイル設計などの作業を言います。

例えば、ある業務をコンピュータに移行する際には、システム分析、システム設計、プログラム設計、プログラム作成とテスト、実際の運用などといった作業が必要になります。

システムデザインを広義で捉えたときはと言うと。ハードウェアやソフトウェアの構成、運用方法と体制、利用者が使い易いこと、利用者の運用ミスの可能性、果ては運用面だけではなく社会システムの構想といった、大規模かつ複雑、不確定な部分までも含め、創造的に設計することが範囲に含まれてきます。