「システム保守」とは|テクスタ辞書


システム保守とは、既に稼働しているシステムの改善と変更を行う作業です。稼働中のシステムに何らかの障害が発生した場合に対処したり、システムの機能を改善します。

システム保守の詳細 – 求められる技術

システム保守には、障害発生時の原因究明だけでなく、再発予防や安定した稼働のため、既存のシステムに手を加えなければならない場面が出てきます。具体的には、システムの改修、機能の改善、新機能の導入といった対応を行う必要が出てきます。

したがって、システム保守を行うには、そのシステムについての知識だけでなく、発生した問題を速やかに把握する力、必要な対応を即座に行える判断力が必要となります。

システム保守と運用の違い

システム運用は、稼働中のシステムが問題なく動いているかどうかを確認し、障害等が発生しないように、日々管理する作業を指します。

「システム保守」が既存のシステムに手を加えるのに対し、「システム運用」は既存のシステムを管理するのに留まるという違いがあります。

このように、どちらもシステムを安定して稼働させ続けることを目的としています。ただ、システム保守には、開発時に予測していなかった事態が生じた場合など、運用上想定している定型的な対応では解決できない問題についても、しっかり対応することが求められます。