「システムエンジニア」とは|テクスタ辞書


「システムエンジニア」とは、IT関連の職業です。エンジニア職の1つで、特にシステムに関する業務を専門的に担当します。「SE」の略称で呼ばれることもあります。

システムエンジニアの特徴

システムエンジニアは、システムに関する業務を専門的に手掛ける場合が多く、システムのスペシャリストとも言えます。
システムエンジニアの主な業務は、システムの設計や開発、テストや管理などで、5つの段階に分類することができます。

1つ目の業務内容は、クライアントからの要求の把握です。クライアントから依頼されてシステムを開発することが多い為、どのようなシステムが求められているのか、理解しておく必要があります。

2つ目は、要求の内容をまとめることです。クライアントの要求をどの程度実現してシステムに組み込めるかまとめて、現実的なシステムにしていきます。

3段階目では、基本的な設計を行います。1つ目と2つ目のステップでまとめた要望をいかして、どんなシステムにするのか最終的な決定を下します。

4つ目の業務内容は、詳細の設計です。3つ目の段階で構築したシステムを、より細かく設計していきます。

5つ目のステップでは、テストを行います。システムを実際に稼働させても問題はないか、動作やバグの有無などを確認するのです。

これらの業務をこなすことで、実際に稼働できるシステムが完成します。ただし、この流れは大まかなもので、プロジェクトや企画によっては、業務内容が大きく変わることもあります。

システムエンジニアとして働くメリット・デメリット

システムエンジニアとして働くメリットはさまざまですが、やりがいを感じる場面がたくさんあり、常に成長できる職業だと言われています。システムエンジニアは、クライアントから要望を受けてシステムを開発するケースが多い為、仕事の評価や顧客満足度がわかりやすい職業でもあります。完成したシステムがクライアントやユーザーに喜ばれたり、感謝されたりすることもあるので、自分の仕事の手応えを実感しやすい点は、システムエンジニアとして働くメリットの1つです。

また、さまざまな技術を試したり、知識を取り入れたりしやすい業務内容なので、自分の興味や向上心次第で、常に成長していけるというメリットもあります。

一方で、デメリットも存在します。

例えば、締め切りを厳守しなければならない点です。クライアントが定めた納期や締め切りを厳守することを重要視している職種なので、企画や契約によっては、短期間でシステムを完成させなければならない場合もあります。

また、突然システムがエラーを起こしたり、急に納期が変更されたりすることもある為、仕事の見通しが立てにくいというデメリットもあります。その為、私生活を最優先にしたい人にとっては、不向きな職業とも言えます。