「ユーザーインターフェース」とは|テクスタ辞書


「ユーザーインターフェース」とは、ユーザー(人間)がコンピュータシステムやデジタル機器と情報のやりとりを行う際の操作感や表示様式などの仕組みの総称です。

特徴

ユーザーインターフェースは、IT用語で「UI」とも略記されます。英語の「User interface」のインターフェースの意味は、接触面を意味し人間とコンピューターとの接点、人間とシステムをつなぐものと解釈することも出来ます。ハードウェアではキーボードやマウス、ソフトウェアでは画面上のメニューやアイコン、ウィンドウなどが該当します。

ユーザーインターフェースにはコンピューターに指示を送る入力機能と、結果を表示し出力する機能があり、情報の表示様式や入力方法、反応などの様々な要素が最終的な操作感を作り出しています。

ユーザーインターフェースの種類

OSのUIは、大きく分けて2つに分類することができます。文字をキーボードから入力して操作を行うCUI(Character User Interface)と画像やアイコンをマウスを使って操作するGUI(Graphical User Interface)の2つです。

CUIの代表例としてはUNIXやMS-DOSがあり、GUIはMacやWindows、ゲーム機やスマートフォンのメインUIとして採用されています。一般的にCUIはコマンドの操作方法を知らないと何も出来ませんが、GUIの場合はアイコンなどの対象物が明確でマウスで簡単に操作でき使いやすいという利点があり、現在の多くのOSやアプリケーションで採用されています。