「ウェブデザイナー」とは|テクスタ辞書


ウェブデザイナーとは、インターネット上にあるウェブサイトのデザインを行う人をいいます。

ウェブデザイナーの詳細

主にウェブサイトのビジュアル(見た目)のデザインを担当する仕事ですが、近年ではデザインセンスはもちろん、HTMLやCSSの知識やコーディング能力を持つことで、自身でデザインからサイトの作成までを行える人が求められることもあり、期待される役割は大きくなっています。

・ウェブデザイナーになるには
ウェブデザイナーになるには、HTML、CSS、Javascriptといった言語や、Photoshop、Illustrator、Dreamweaverなどのホームページ作成ソフトを、スクールに通ったり、個人で学習し、自分で作品を作ってプレゼンテーションすることで、企業へアピールします。近年はウェブデザイナーの人材が不足しているので、その重要性は高まっています。
最近では、インターネットで安価に学べるサービスが急増しており、自宅でウェブデザイナーになるための知識を、動画や学習サイトなどで学習できます。

・ウェブデザイナーの今後
法人、個人を問わずにウェブデザインの需要は高まっており、その必要性は上昇傾向にあります。
基本的にはデザインやプログラミングは分業制ですが、これらのスキルを併せ持つデザイナーは少数ですので、デザインセンスやプログラミング、コンテンツの作成スキルを高めて独立したり、Webプロデューサーなどの上流職へのキャリアアップができたり、人材が不足しがちなため、ニーズは近年高まっています。