「Webアプリ」とは|テクスタ辞書


「Webアプリ」とは、ウェブアプリケーションの略でWebブラウザー上で動作するアプリケーションソフトの総称です。

Webアプリの特徴

Webアプリはインターネットに接続出来る環境さえあれば、様々なデバイスで動作させることが出来ます。HTML5をサポートするブラウザー上で動作し「Google Map」や「Gmail」、「Google Drive」などは代表的なウェブアプリケーションの一つです。アプリは大きく分けて「Webアプリ」、「ネイティブアプリ」、の2つに分類できます。

Webアプリの特徴

一番の特徴は、Webサーバー上で動作し、Webページを閲覧する感覚で利用出来るのが大きな特徴です。ローカル環境にインストールしなくてもwebブラウザーにアクセス出来る環境があれば利用できるという大きな利点があります。アプリ開発には、HTML、CSS、JavaScriptなどの言語が使用され、アプリを配布する際にアプリマーケットによる審査や課金の心配がありません。その反面、動作速度がネイティブアプリに比べ低速であるというデメリットがあります。

ネイティブアプリの特徴

ネイティブアプリは、特定のデバイスやプラットフォーム向けに開発されているので、デバイスの機能を最大限に引き出せるアプリと言えます。「Google Play」などのアプリケーションストアを通してデバイスにインストールします。ネイティブアプリの開発にはiphone用の場合は、objective-C、Andoroid用にはJavaが使用されます。動作速度も比較的に早いという利点がありますが、従来のWeb開発に比べコストが圧倒的に高いというデメリットがあります。