「Webデザイナー」とは|テクスタ辞書


WEBデザイナーとは

 WEBデザイナー(web designer)とは、インターネット上のウェブサイトをデザインする職業のことを言います。WEBデザインによって、WEBサイトから得られる成果は大きく変わってくるため、その点で重要な役割を担っているということができます。

WEBデザイナーの仕事内容
 WEBデザイナーは、依頼されたWEBサイトを、クライアントの要望に沿って構成を考えながら、目的に合致した、使いやすいWEBサイトをデザインしていきます。そのためにまず、WEBサイト全体の大まかなレイアウトを決め、全体のカラーやアイコン、イメージなどをデザインしていきます。こうした全体のレイアウトについて、クライアントから同意を得られたら、いよいよコーディングをしていきます。文章や画像を表示させるHTMLや、配置やフォントなどを決めるCSS、動的なjava scriptなどのコーディングを行います。また、その際に画像イメージなども制作していきます。これらの作業に関して、見栄えがいいだけでなく、ユーザーの使いやすさやサイトの目的などを考慮して制作していきます。

WEBデザイナーになるには
 WEBデザイナーになるためには、特別な資格は必要ありません。そのため、未経験の方でもWEBデザイナーになることができます。ただ、クライアントとのセッションにより、要望に沿ったWEBサイトをデザインしていくため、柔軟なコミュニケーション能力が求められます。また、サイト上の要素の配置などの細かい調整には集中力が求められます。言語の知識やデザインのセンスについては、あるとすればなおさら良いですが、経験を積んでいけばカバーすることができます。