Webディレクター とは|テクスタ辞書


Webディレクター (ウェブディレクター) とはWeb制作を行う際に指揮監督を担う職業です。

Webディレクター の詳細

Web ディレクターの仕事は「プロジェクトメンバーの人選」や「制作スケジュール設計や進捗管理」、「コンテンツ品質管理」など全体的なディレクション業務が主な仕事内容です。クライアントの要望に添うためにwebエンジニアやWeb デザイナー、webライターなどの制作スタッフ達が一つのプロジェクトチームとなりWebディレクターの指揮管理の基、制作を進行していきます。

Web ディレクター の役割はプロジェクト全体の制作工程を管理し、制作スタッフへの指揮監督を行いながら納期までに制作物を仕上げる責任があります。このように、Web ディレクターは「クライアント」「制作スタッフ」の窓口として現場監督の要素が大きく占められています。

Web ディレクター のスキル

プロジェクト全体のディレクションを行うためには、webサイトの全制作工程に関し精通した知識を有している必要があります。

最近の傾向として「Photoshop」(フォトショップ)や「Ilustrator」(イラストレーター)、「DreamWeaver」(ドリームウェバー)などの制作ソフトが使えることが必須となっています。そして、制作スキルの他にもwebディレクターとして大切なスキルは「コミュニケーションスキル」です。

webディレクターはクライアントとの交渉から社内、社外の関係スタッフへの指揮命令(監督)を行う必要があります。そのため、Web ディレクターはチームが気持ちよく仕事出来るよう良好なチームの関係作りを行うための高いコミュニケーションスキルが求められます。