「Webデザイン」とは|テクスタ辞書


 「Webデザイン」とは、Webページを美しくかつ機能的にするために施した視覚的なデザインのことです。Webデザイナーは、ロゴやアイコン、キャラクターのデザインや色を決めたり、画像の加工をしたりしてWebページを構築しています。

「Webデザインのメリット」
 Webデザインが持つ広告としての良いところは、何度でも修正が可能であるということです。紙媒体では、どうしても速報性の高い情報を伝えることが難しかったり、コストがかかりすぎてしまったりすることがあります。しかし、Webページの場合、企業などの団体が持つ目標や目的、発信したい情報に合わせて随時内容をアップデートしていくことが簡単にできます。最近ではWebデザインをより効果的なものにするための解析ツールも無料で提供されており、誰もがWebデザインを活用した情報発信ができるような時代になりつつあります。

「Webデザインに必要なソフトウェア」
 Webデザインを行うには、グラフィックデザイン用ソフトウェアをダウンロードする必要があります。Web デザインができるソフトウェアは数多くありますが、Adobeの「Illustrator」(主に写真や文字のレイアウトを行うことができるソフトウェア)と「Photoshop」(写真や画像の加工・合成をすることができるソフトウェア)が、世界中で大きなシェアを占めてきました。どちらのソフトも、1か月の体験版がAdobeの公式ホームページからダウンロードできるようになっています。しかし、これらはあくまでも一例であり、他にも「Apache OpenOffice」や「Browser Sandbox Spoon.net」など、現在は様々なWebデザイン用のフリーソフトが出回っています。そのため、自分の使い勝手に合わせて選ぶことが可能です。