「Webプログラミング」とは|テクスタ辞書


「Webプログラミング」とは、World Wide Web上で動作するプログラム(Webアプリケーション)を開発することです。Webプログラミングを行う開発者のことをWebプログラマやWebエンジニアと呼びます。

Webプログラミングの特徴

Webプログラミングでは、プログラムは「サーバ側」と「クライアント側」に分かれ、それぞれのプログラムを開発しなければなりません。

「サーバ側」の役割は、ユーザが入力した情報をクライアントから受けとって、DBなどの保存領域に格納したり、ユーザがほしい情報を保存領域から検索してクライアントに返却するなどがあります。Webアプリケーションに限ったことではありませんが、システムやソフトウェアにおいて、ユーザのPCですべての情報管理や演算処理をしていては負荷がかかりすぎてしまうので、そのような機能はサーバが受け持つというわけです。

「クライアント側」の役割は、Internet ExplorerやFirefoxといったWebブラウザ上でのユーザの入力データをサーバに送信したり、ユーザが参照したい情報をサーバに問い合わせWebブラウザに表示するといった役割を担います。

サーバ/クライアントプログラムでの開発言語

Webプログラミングでサーバ側の開発に用いるプログラミング言語としては、PHP/Java/Perlが一般的です。クライアント側のWebプログラミングでは、画面表示を担うHTML/CSSと処理を行うJavaScriptといった言語が一般的です。

HTMLは画面の文字やリンクを指定するマークアップ言語で、CSSは文字の色やレイアウトを指定するスタイルシートであり、これらは処理を行うプログラムというよりはWebデザインに分類されます。

HTML/CSSではできない処理をクライアント側で記述できるのがJavaScriptのようなスクリプト言語です。さらにJavaScriptを利用したAjax(Asynchronous JavaScript + XML)はGoogleマップなど、多くのWebプログラミングで使用されています。