「ゲームプログラミング」とは|テクスタ辞書


「ゲームプログラミング」とは、ゲーム開発のためのプログラミングを行うことです。

ゲームプログラミングの特徴

一口にゲームプログラミングといっても、実際にはゲームの開発に直接関わる業務だけでなく、ゲーム制作補助ツールの開発や保守、ドキュメント化などを行うこともあります。

また、ゲームプログラミングをするには、アルゴリズムを導き出す方法やOS・プログラミング言語を動かす構文やメソッドを覚えること、コンピュータの仕組みを理解することなどが必要なため、初心者がプログラミングを覚えるのには、ゲームプログラミングをやってみることが効果的であると言われています。

ゲームプログラミングの仕組み

プログラミングの視点から考えると、コンピューターゲームとは「フレーム内の処理を繰り返し実行し続ける」ものであり、ゲームプログラミングとは、フレームの繰り返しであるループなどの各処理を実装していくことになります。

操作を一切しない場合でも、ループは常になされています。原則として、ゲームプログラムを終了するまでループが止まることはありません。ゲームで物体が動く仕組みは、パラパラ漫画と同様で

  • 物体を描画する
  • その物体を少し右にずらして描画する
  • さらにその物体を少し右にずらして描画する

と、何回も高速で描画していくことで物体が動いているように見せています。ゲームプログラミングでは、これをプログラムで表現することになります。

ゲームプログラミングに適した言語の種類

ゲームプログラミングを行う上で必須になるのが、プログラミング言語です。ゲーム開発で使われるプログラミング言語には様々な種類があります。

①処理速度が優れているプログラム言語

ゲーム中に突然処理速度が遅くなり、動作が鈍くなるといった事態を避けるには、処理速度が速いプログラミング言語を選ぶ必要があります。この処理速度に優れているのが、C言語やC++などです。これらは、処理速度が速い上にハードウェアの制御を行うこともできます。

②インターネット環境を考慮した言語

マルチプレイや対人戦といったオンラインゲームを制作するには、ネットワークを活用したプログラムを組むのに適した言語が必要です。この能力に優れているのが、JavaやC#などです。スマートフォン向けのゲームはもちろん、ゲーム機のネットワーク利用部分でも使用されています。

また、プラットフォームごとに使える言語には制約があるため、ハードウェアによって言語を使い分けなければなりません。例えば、iOSはObjective-CやSwift、AndroidではJavaとなります。