「マシンラーニング」とは|テクスタ辞書


マシンラーニング(英語:machine learning、日本語:機械学習)とは、コンピューターやロボットなどに自動的に概念や行動プログラムを学習させる研究のことです。

マシンラーニングの特徴

マシンラーニングは人工知能における研究の一つで、人間が自然に行っている学習と同様の機能をコンピュータで実現しようとする技術や手法のことを指します。現在、多くの分野で多岐に渡る手法が開発されていますが、パラメーター調節などの特殊な場合を除いて、現時点では人間が直接知識を与える方法よりも効率のよい学習方法は開発されていません。

マシンラーニングの学習方法には、人間が教師役を務め、解答の正誤を判断しながら進める『教師あり学習』。機械が勝手に学習を進める『教師なし学習』があり、他にも『半教師あり学習』『強化学習』があります。

マシンラーニングへの期待

マシンラーニングを行うことで、データから反復的に学習し、そこに潜むパターンを見つけ出すことができます。マシーンラーニングでは一定数以上の訓練データをもとに、ナイーブベイズをはじめとした様々なアルゴリズムを用いて法則性や規則性を学習させます。その後、あらかじめ人間によって導かれた正解と、マシンラーニングの結果として導かれた正解を比較し、精度や汎用性などを評価します。

また、学習した結果を新たなデータにあてはめることで、パターンにしたがって将来を予測することが可能です。これによって、予測分析のモデル構築を自動的に行うことができ、『データサイエンティスト』の人材不足を補う研究になると期待されています。