「人工知能」とは|テクスタ辞書


「人工知能」とは人によって作られた知能の総称であり、学習、推論、判断といった人が持つ知的情報を機械に実装したものです。英語名ではAI(artificial Intelligence)と表記され、1956年に初めてAIという言葉が誕生しました。人工知能は大きく2つに分けられます。

特化型人工知能

「特化型人工知能」は、自動運転や将棋やチェスの対戦で使われるコンピューターソフト、お掃除ロボット、アップル社の音声操作システムの「siri」も特化型の代表例です。特定の仕事や単純なタスクを人間のかわりに行い、機械学習と呼ばれる人によってプログラミングされた特徴(変数、項目)をもとに自動的に対応パターンを学習することができる人工知能です。

汎用人工知能(GAI)

「汎用人工知能」はAIが判断、学習能力を持ち、多種多様な問題をみずから解決、アプローチする能力を持つ人工知能です。日本でも株式会社ドワンゴなどが研究所を設立し研究を進めています。また、この技術を大きく後押ししたのが「ディープラーニング」の登場であり、それまで人がプログラムしていた特徴量を機械みずからが設定することが可能になってきています。2012年にグーグル社によってネコを認識させる実験が発表され大きな話題となりました。