「Bootstrap」とは|テクスタ辞書


「Bootstrap」とは、Twitter社が開発したCSSフレームワークの一つです。2011年に公開され「Twitter Bootstrap」から現在のBootstrapへと名称を変えました。CSSが既に記述されているので最初から全てを記述する必要がなく、HTMLにクラス属性を記述することでデザイン性の高いwebページを簡単に作成できます。現在は3.3.5のバージョンまでリリースされています。

サイト作成を支援

Bootstrapを使用することの一番のメリットは、デザインを考えることなく素早くカッコ良いサイトを作成することができることです。使用するにはある程度HTML/CSSの知識が必要ですが、米yahooが開発したPureやSkeltonなどのフレームワークに比べ日本語情報が多いので利用しやすい点も人気の一つです。便利なツールですがデメリットを上げるならば既存のデザインパーツを使用するので、自分の個性や特色を反映させたデザインサイトを作るのにはあまり向いていません。

レスポンシブ対応

Bootstrapを使用することのもう一つのメリットは、レスポンシブWebサイトに対応していることです。スマートフォンやタブレット向けに個々にスタイルを作成するのは時間と労力がかかりますが、これらの問題を簡単にクリア出来ます。またテンプレートやプラグインも多数web上に公開されているので、自由にカスタマイズできます。サイトのイメージを素早く相手に伝えたい時や時間が限られている場合など非常に有効なツールです。