「CSS」とは|テクスタ辞書


CSS(読み:シーエスエス)とは、Cascading Style Sheets(読み:カスケーディング・スタイル・シート)の略称で、ウェブページの背景色や表示レイアウトなどを指定する規格の一つです。このようなものを総称してスタイルシートと呼びますが、その中でもCSSは最も一般的に普及している規格で、様々なウェブページで幅広く用いられています。

CSSの用途

CSSはウェブページの視覚的要素を充実させる機能を持っており、HTMLやXHTMLといったウェブページのコンテンツ要素を構成するための言語とともに用いられます。現在のウェブページは一般的に、視覚的な装飾要素とコンテンツ本体を形成する要素を分離させる構造で作られています。つまり、HTMLやXHTML でコンテンツ本体を構築し、CSSで視覚的要素を充実させてウェブページを装飾するという、機能的な役割分担がなされてるのです。

CSSのメリット

CSSはウェブページの構造を分かりやすくする役割も担っています。CSSを用いずにHTMLタグの調整だけで視覚的効果を加えることも可能ですが、本来コンテンツ本体を形成するための言語で視覚的な装飾要素を加えようとすると、情報構造が複雑になり管理しにくくなるので、ウェブページを更新する際のメンテナンス性が低下します。しかしCSS用いることで、HTMLではコンテンツ要素に関する記述に特化できるので、情報構造が分かりやすくなり管理しやすくなるのです。