「FTPクライアント」とは|テクスタ辞書


FTPクライアント(読み:エフティーピークライアント)とは、FTPという通信プロトコルを用いてファイルの送受信を行うアプリケーションソフトウェアのことを指します。FTPサーバに接続してファイルをアップロードやダウンロードする際に、このFTPクライアントが必要になります。ウェブページを公開する際にサーバにアップロードする時にも、FTPクライアントが用いられます。

FTPクライアントの機能

手元の端末にあるファイルをサーバにアップロードしたり、逆にサーバからファイルをダウンロードするのが、FTPクライアントの主な機能です。最近ではより機能が発展し、手元の端末にあるファイルとサーバーのファイルを照会して、最新の状態に同期する機能を持つものもあります。またFTPクライアントは、単体のソフトウェアとして提供されているほか、ウェブブラウザに内蔵機能として最初から組み込まれているものもあります。

代表的なFTPクライアント

まず、単体のソフトウェアとして提供されているFTPクライアントは、「FFFTP」「Core FTP」「FTP Rush」「FileZilla」「CrossFTP」「FTP Wanderer」「CarotDAV」「ALFTP」「Cyberduck」「SmartFTP」といったものが挙げられます。また、FTPクライアント機能を内蔵しているウェブブラウザは、「Microsoft Internet Explorer」「Mozilla Firefox」「Opera」といった有名なブラウザの他にも、「Konqueror」「SeaMonkey」などがあります。