「ジャバ」とは|テクスタ辞書


「ジャバ」とは、Sun Microsystems社が1995年に発表したオブジェクト指向プログラミング言語です。ジャバによって記述されたプログラムの開発・実行環境全体を指す場合もあります。「Java」と表記するのが正式かつ一般的ですが、スクリプト言語のJavaScriptと混同されることがあり、注意が必要です。

狭義のジャバ

ジャバは、C言語やC++言語の特徴を改良した上で取り入れたプログラミング言語で、既存の言語の欠点を克服するように設計されています。また、ジャバによって開発されたプログラムは、OSやマイクロプロセッサの種類に関係なく動作することも特徴です。使用人口が多く、様々なアプリケーションやWebサイトに広く利用されており、近年はAndroidアプリの開発言語としても知られています。

広義のジャバ

ジャバという用語は、プログラミング言語ジャバによって記述されたプログラムを開発・実行するためのソフトウェア群の総称として用いられることもあり、この場合はジャバプラットフォームとも呼ばれます。ジャバの中間バイトコードを実行するプログラム「ジャバ仮想マシン」などからなり、これを端末にインストールすることで、ジャバによって記述されたプログラムが動作するようになります。