「スタイルシート」とは|テクスタ辞書


スタイルシート(英語表記:style sheet)とは、文書の見た目について規定したものです。

たとえば、文字の大きさ、色、太さ、フォントの種類、行間の幅、アンダーラインや斜線、イタリック体などの装飾などは、このスタイルシートによって指定されます。スタイルシートを明確に記述したコンピュータ言語をスタイルシート言語と言います。

スタイルシートの役割

文書は、内容と見栄えによって形作られています。内容を読み手に伝えやすい構造に整えた文書を構造化文書と言い、HTMLやXMLなどがこれに含まれます。

構造化文書は、その文書の論理構造を明確に定義し、見栄えについては扱いません。見栄えについては、スタイルシートでまとめて指定することになります。スタイルシートで複数の表示形式を作っておき、必要な時に都度その形式を適用することも可能となります。

スタイルシートの種類

一般によく知られているスタイルシートとしては、CSSが挙げられます。CSSはCascading Style Sheet(読み:カスケーディング・スタイルシート)を略したもので、HTML文書をデザインするスタイルシートとして、Web上で広く普及しています。

CSSの他に、XSL(Extensible Stylesheet Languageの略)、DSSSL(Document Style Semantics and Specification Languageの略)などがあります。また、オフィスソフトの中にも、このスタイルシートの機能は組み込まれていて、文字の装飾を行う時に、利用されます。